カロたんとユウのまったり日記


by ユウ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

~樹海~

うちの家で入ってるケーブルテレビ内の日本映画専門チャンネルでやってた「樹の海」。
富士山の梺の樹海が舞台で、5人の登場人物による4つの物語で構成されている作品です。

e0053740_1162272.jpg


この前、夜中に再放送がされていて、途中からでしたけどこれを観てました。
最初から観たいと思ったので、DVDを買ったのですけど、これは正直買って良かったと思いました。

3つ目の話で、津田寛治と塩見三省が出てくる話があるのですけど、その中で塩見三省が「人の生き死にの話をしてるんだよっ!」と叫ぶシーンがある。
3つ目の話が話しだっだけに、このシーンでは鳥肌が立ちました。
他の話も、何とも言えない感じで、自然と涙が出てくる作品でした。

映画の中に出てくる落とし物(遺留品等)は、全て樹海にある本物の落とし物。
それがリアルで、この持ち主の人はこの後死んでしまったのか?それとも自殺を止めて今でも普通に暮らしているのか?等考えながら観ていました。
樹海の中には、誰にも発見されないままの遺体も多いらしく、見つかった遺体も身元が分かる遺体は僅か10%らしい。

e0053740_213371.jpg


現在の日本の年間自殺者数は、3万4千人。
1年間でこれだけの人が自ら命を絶つというのを考えると、なんか悲しくなってくる。
集団自殺が当たり前のようにニュースに何度も出たり、「完全自殺マニュアル」という本がバカみたいに売れたりするのが現実である。

不景気や安全神話の崩壊や犯罪の低年齢化。
しかし、心の豊かささえも無くなってしまっては、いけない。
今のご時世でこそ、少しでも心に豊かさが必要なのではないだろうかと思う。
[PR]
by won-dqi | 2006-09-13 02:21